さが美ホーム > さが美について > 企業情報 > 沿革(会社概要)

会社概要

本社所在地や事業内容、グループ会社など、株式会社さが美の基本情報をご紹介します。

  • 会社概要
  • 事業内容
  • 沿革
  • 役員の状況
  • 組織

沿革

1974年 4月高級きもの専門店として「(株)さが美」を設立。同年8月営業を開始。
1975年10月岡山、大阪に出店。従来の親会社である「ユニー(株)」依存型の出店から脱却し、ナショナルチェーンを目指し広域出店を開始。
1978年 3月毛皮、宝石・貴金属の本格的販売を開始。
1979年 3月寝具の販売を開始。
1980年 3月婦人服の販売を開始。
1981年 3月洋装品の販売を開始するとともに、初の毛皮専門店(マリナード店)を横浜にオープン。
1981年 8月加工業務の拡大に対応するため「(株)東京和裁」を設立。
1982年 2月トータルファッション専門店「カティアール」のチェーン展開開始。1号店を銀座にオープン。
1983年 2月時計の販売を開始。
1984年11月家具の販売を開始。
1985年 2月「(株)呉竹」を子会社とする。
1985年10月東京証券取引所の市場第二部に上場。
1985年12月レディスファッション専門店「美美族(みみずく)」のチェーン展開開始。1号店を赤坂にオープン。
1986年 8月きもの文化の継承を図るため、新宿にきもの着付教室を開講。
1987年 9月「レンタルブティック」を横浜にオープン。レンタル事業を開始。
1988年 2月繭(まゆ)の形からデザイン化した新しいコーポレートマーク「絆」と、「心とひろがり-夢みたします」の企業スローガンを制定。
1988年 4月宝飾専門店「キラット」のチェーン展開開始。 1号店を岐阜にオープン。
1991年 8月東京証券取引所の市場第一部に上場。
1994年 6月本社機能の強化・効率化を図るため、東京都港区に本社を移転。
1995年 2月加工業務の一層の拡大に対応するため、「(株)匠美」を設立。
1995年 2月「(株)呉竹」の商号を「(株)九州さが美」に変更。
1997年10月アジアン雑貨専門店「karako(カラコ)」 1号店を東京・自由が丘にオープン。
1999年 5月本社機能の強化・効率化を図るため、横浜市港南区に本社を移転。
2000年 8月和雑貨専門店「我楽屋(わらくや)おかめ」の営業権を獲得。
2002年 3月リビング・インテリアの「リヴァンス」の営業権を取得。「(株)エス・ジー・リテイリング」を子会社とする。
2003年 4月「(株)エス・ジー・リテイリング」がキッチン・ダイニング雑貨「オレンジハウス」の営業権を獲得。
2003年 6月帽子専門店「シャズボット」の1号店を東京・原宿にオープン。
2003年 9月「(株)さが美きもの文化学苑」が高級呉服専門店「東京ますいわ屋」の営業権を獲得し、商号を「(株)東京ますいわ屋」に変更。
2004年 1月「(株)九州さが美」の商号を「(株)永谷美笠和装服飾総合研究所」に変更するとともに、「(株)九州さが美」を設立。
2004年 3月「(株)九州さが美」がきもの専門店「ゆう苑」の営業権を獲得。
2005年 2月「(株)エス・ジー・リテイリング」を「(株)さが美」ホームファッション事業部に統合。
2005年12月「(株)すずのき」を子会社とする。
2008年 3月3ヵ年の再建計画を決定し、構造改革をスタート。
2008年 5月子会社「(株)すずのき」の事業を譲渡し、「(株)エスケー」に社名変更。
2008年 7月子会社「株東京和裁」を清算。
2008年11月ジュエリー事業部のキラット事業23店を事業譲渡。
2009年 2月子会社「(株)エスケー」を清算。
2011年 2月子会社「(株)匠美」を清算。
2012年10月子会社「(株)九州さが美」の株式を譲渡。
2016年 5月ホームファッション事業17店舗を事業譲渡、29店舗を閉鎖。
2016年 5月本社機能の効率化を図る為、神奈川県平塚市に本社移転。
2016年 10月当社株式の公開買付により、親会社及び主要株主である筆頭株主が、「ユニー・ファミリーマートホールディングス(株)」より「アスパラントグループ(株)」へ変更。
ページトップへ