さが美ホーム > お問い合わせ > よくある質問|その他

お手入れ

よくあるご質問

一度着ただけなのにシワが寄ってしまい、取れなくなった。生地が悪いのではないか?
一般的に、帯下、紐下、後身頃の裏ヒザ部分などは、どうしても「着付けジワ」や「座りジワ」が寄りやすくなります。 こうしたシワは、着用時の汗などにより吸湿した状態で長時間着用していることにより取れにくくなりますので、一概に生地が悪いとは言い切れません。
「虫干し」の方法や時期を知りたいのですが?
虫干しは、一週間ほど晴天が続いて乾燥した冬の日に行うのが理想です。 きものを一枚づつ衣紋掛けに掛け、正午を挟んだ4時間程度(寒干しの場合はもう少し短時間でも効果があります)、直射日光の当たらない風通しのよい部屋で干します。
虫干しを行う時期は、7月下旬~8月上旬(土用干し)、9月下旬~10月中旬(虫干し)、1月下旬~2月上旬(寒干し)の3度あります。 大切なきものを長持ちさせるためには、最低でも年1回は虫干しを行うようにしてください(年1回の場合、梅雨で湿気た衣類を乾かすため、土用干しの時期に行うのが良いでしょう)。
きものを購入したときに付いてきた箱の中に入れたままで保管していても大丈夫ですか?
ボール紙等の衣裳箱は湿気を吸いやすく、カビや縮みの原因になります。ボール紙等の衣裳箱で保管するのは絶対にお止めください。 きものの収納には、防湿効果に優れ、桐特有の成分が虫を寄せ付けにくくするといわれている「桐タンス」や「桐衣裳箱」が適しています。
防虫剤を使用するとき、どのような点に注意すれば良いのですか?
防虫剤は、必ず生地にあったものを1種だけを使うようにしてください。また防虫剤をご使用になるときは、必ず使用説明書に従ってください。 数種類の防虫剤を併用すると化学反応を起こし、シミや変色の原因になることがあります。 特に金糸・銀糸を使用したきものや帯は化学変化しやすいので、防虫剤は着物用のものを使い、直接着物や帯に触れないよう、たとう紙の四隅にのせるようにします。
防湿剤を使用するとき、どのような点に注意すれば良いのですか?
水分(=湿気)がたまるとカビ発生の原因になりますので、乾燥剤や除湿剤は有効です。 特に、100%シリカゲルのものは防虫剤と併用しても化学反応を起こすことがなく、きものを傷めませんのでおすすめです。 しかし、乾燥剤や除湿剤を過信するのは良くありません。天気の良い日は、タンスの引き出しを10cm程度あけて風通しを良くするよう心がけるとともに、 乾燥剤や除湿剤はできれば半年に一度、少なくとも年に一度は換えるようにしましょう。
ページトップへ