さが美ホーム > お役立ち情報 > お手入れの流れ

お手入れの流れ

「着終えた後、どうすればいいのかわからない」「お手入れの仕方がわからない」・・・。
ここでは、大切なきものを美しく保ち、長持ちさせるためのお手入れ方法を説明します。


きものをお召しになった後は

風を通して汗や湿気をとる

着用後のきものは、体温や湿気を含んでいますので、そのまますぐにタンスにしまうと、カビ・黄ばみなどの原因となってしまいます。

脱いだきものは、きもの用ハンガーに掛けて一晩吊るしておき、湿気を取り除きます(一晩が無理なら、直射日光にあたらない風通しの良い部屋に最低2時間程度)。

※帯・長襦袢なども同様に扱います。

柔らかいタオルでホコリを落とす

その後、乾いた清潔なタオルなどをブラシ代わりにして、きものに付いた埃を払います。同時に、汚れやシミ等もチェックします。

箔や刺繍のあるところのホコリは丁寧に扱いましょう。決してこすってはいけません。

シミ・汚れをくまなくチェック

衿、袖口、前身頃、裾回り、腰などは特に汚れやすいので、要チェックです。シミや汚れを見つけたら、糸で印をつけ、原因をメモしておきましょう。

汗などのシミは、水で絞ったタオルなどでよく拭き取った後、風を通します。しつこい汚れは専門家に任せるのが一番です。

※もし、シミ・汚れを見つけても決して擦ってはいけません(他の場所に広がる可能性があります)。ひとまずティッシュペーパーなどを重ね置きしておき、できるだけ早く専門店に相談し、処置してもらいましょう。

半衿をはずして汚れをおとす

ぬるま湯に中性洗剤を溶かしてつけておき、たたくように洗います。

タオルで水気を取って陰干しし、乾いたらアイロンをかけます。ただし、絹は縮むのでスチームは×です。

シワにアイロンをかける

シワの目立つ部分には、あて布をあててアイロンをかけます。軽くおさえるように、手早くかけましょう。



アイテム別のお手入れ方法


ぬくもりのあるうちにシワを伸ばし、きもの用ハンガーなどに掛けて2時間程干し、熱と湿気を取り除きます。

半衿(はんえり)

洗える素材のものは手洗いし、絞らず陰干しをします。

正絹の場合で、汗をたくさんかいた時は京洗いに出してください。

小物

腰ひも・伊達締め・帯揚げ・帯締め等の小物は、しばらく風通しのよい部屋で掛けておき、湿気を取り除きます。

足袋(たび)

その日のうちに洗い、形を整えて陰干しした後、アイロンをかけます。
汚れがひどい場合は、洗剤を付けた歯ブラシで軽くこすってから洗濯してください。

履き物

草履も履いた後は、風通しのよい場所で陰干しする必要があります。

雨の日に使用した場合は、後日天気の良い日に裏面を上にして干し、よく乾かしてから汚れを落とします。

汚れや湿気を放置しておくと、カビの原因になりますので、注意しましょう。

草履のお手入れ方法は、素材によって若干異なります。素材別のお手入れ方法のポイントは、次の通りです。

・エナメル(皮革) エナメル専用クリーナーを含ませた柔らかい布で拭いた後、乾拭きします。
・合成皮革 かたく絞った布で拭き、その後乾いた布で水気をよく取ります。
・裂地(布製のもの) 柔らかいブラシやハケでホコリや汚れを落とします。
・爬虫類(ワニ革など) 乾いた柔らかい布でよく拭いて汚れを落とします。

クリーナーは、時間が経つと若干変色する場合がありますので、使用する場合には注意が必要です。クリーナーを使用する場合は説明書をよく読み、使用後はよく拭き取っておきましょう。

ページトップへ