さが美ホーム > お役立ち情報 > 保管&収納&虫干し

保管&収納&虫干し

「きものや帯をどう保管したらいいかわからない」・・・。
ここでは、大切なきものや帯を美しく保ち、長持ちさせるための保管・収納方法を説明します。

保管・収納のポイント(きもの・帯)

大切なきものや帯を長持ちさせる秘訣は、保管・収納方法にあります。


きちんとたたむ

美しく保つためには、正しいたたみ方をすることが重要です。折り目正しく、長方形になるようにきちんとたたみましょう。

変色や箔落ちを防ぐため、刺繍や箔のあるものはその部分に白布や和紙をあてましょう。

湿気を避ける

きちんとたたんだら、1枚づつ和服用のたとう紙に包んでから収納します。きものの収納には、防湿効果に優れ、桐特有の成分が虫を寄せ付けにくくするといわれている桐のタンスや衣裳箱が適しています。

※スチール製、ポリ容器は通気性が悪く、生地を傷めてしまう原因になりますので避けましょう。また、ボール紙等の衣裳箱は湿気を吸いやすく、カビや縮みの原因になりますのでいので避けましょう。

※タンスの引き出しには、良いきものほど湿気がたまりにくい上段にしまうのがポイントです。

※さが美では、仕立て上がったきものの形崩れを防ぐためたとう紙に厚紙を入れてお届けしていますが、保存時は厚紙を外してください。

タンスや衣裳箱の底に白木綿を敷き、たがいちがいにきものを入れましょう。ただし、5枚以上重ねると型くずれしやすくなるので、注意が必要です。

※無理に詰め込むと「型くずれ」や「シワ」の原因になります。

きものと帯は別々にしまうのがベストです。どうしても一緒にしたいなら、きものの上に帯をのせましょう。

きもの用ベルトなどゴムをつかった小物類は、化学変化で金箔・銀箔を黒くさせることがありますので、きものや帯と別に収納しましょう。

防虫剤・乾燥剤は1種類が原則

数種類の防虫剤を併用すると、化学反応を起こし、シミや変色の原因になることがあります。防虫剤・乾燥剤は生地にあったものを1種だけ使いましょう。ただし、シリカゲル(乾燥剤)は防虫剤と併用できます。

※特に金・銀糸使いの着物や帯は化学変化しやすいので、防虫剤は着物用のものを使い、直接着物や帯に触れないよう、たとう紙の四隅にのせます。

※除湿剤や乾燥剤は、100%シリカゲルのものがおすすめです。水分がたまるとカビ発生の原因になるので、できれば半年に一度、少なくとも年に一度は換えましょう。

防虫剤・乾燥剤は、きものや帯に直接ふれないようにタンスや衣裳箱の四隅に入れましょう。

たとう紙にきものの写真を貼っておく

たとう紙にきものの写真を貼って収納しておくと、いちいちたとう紙を開かなくても中身がわかるので便利です。

ページトップへ

保管・収納のポイント(草履)

きものと同じように、草履を長持ちさせる秘訣は保管・収納方法にあります。


湿気を避ける

草履収納ケースに入れ、通気の良い所で保管します。

高温多湿の所は避けてください。また保管場所に乾燥剤を入れておくのも良いでしょう。

草履を保管するとき、新聞紙などの印刷物やビニール袋で包まないようにしましょう。時間が経つと草履に色移りしたり、くっついたりする可能性があります。

樟脳・ナフタリン等の防虫剤は使用しない

樟脳(しょうのう)・ナフタリン等の防虫剤や、ゴム製品と一緒に保管しないでください(化学反応により変色・変質するおそれがあります)。

型くずれを防ぐ

草履を保管する際、鼻緒がつぶれて型くずれしないよう鼻緒キーパー(草履キーパー)を使用しましょう。

長期間しまったままにしない

年に2~3回ほど、収納ケースから草履を取り出し、風通しの良い所で陰干ししてください。

長い間ご使用されなかったり、お手入れをされなかった場合は、草履の素材に「劣化」「剥離」が生じることがありますので注意しましょう。



虫干しについて

湿気はきものの大敵です。
タンスにしまいきりのきものや帯は、点検の意味も込めて最低でも年に一度は虫干しを行い、風通しを良くして害虫を取り除くとともに、カビ・変色を防止しましょう。


虫干しの時期

虫干しの時期は、年に3度あります。

土用干し
(どようぼし)
7月下旬
~8月上旬
梅雨で湿気た衣類を乾かすために行います。
虫干し 9月下旬
~10月中旬
夏についた虫を追い払い、掃除するために行います。
寒干し 1月下旬
~2月上旬
衣類の湿り気を抜くために行います。
虫干しの方法

虫干しは、一週間ほど晴天が続いて乾燥した冬の日に行うのが理想です。きものを一枚づつ衣紋掛けに掛け、正午を挟んだ4時間程度(寒干しの場合はもう少し短時間でも効果があります)、直射日光の当たらない風通しのよい部屋で干します。

その際、きものの汚れや綻び、虫食いなどをチェックし、問題がある場合は早めに処置をします。

虫干しのときに、タンスの引き出しや衣装ケースの中の掃除も合わせて行うとより効果的です。中敷きの紙なども新しいものに換えておきます。

上記の期間に虫干しを行う事が出来ない場合は、期間にこだわらず、最低でも空気の乾燥した春と秋の年2回、虫干しを行ってください。

普段タンスの引き出しを開けたり、収納箱のふたを開けたりするだけでも効果はあります。大切な一着を長く着られるように、愛情を持ってお手入れをしましょう。

ページトップへ