さが美ホーム > お役立ち情報 > 着崩れの直し方

着崩れの直し方

きものでお出かけしたときに、いくら動作に気をつけていても、時間がたつと着崩れてきてしまうことがありますよね。
そんなとき、着崩れてきたときの正しい対処法を知っていれば、大きな着崩れになってしまう前に直すことができ、一日中、着付けたときの素敵なきもの姿を保つことができます。
ここでは、着崩れをおこしやすい部分ごとに、対処方法を紹介します。

衿もとがゆるんできた場合

衣紋(えもん)のぬけが詰まり、その分前衿がたるんできてしまうことがあります。

そんな場合は、きものの裾(すそ)を持ち上げ、長襦袢(ながじゅばん)の後ろ身頃の背縫いを両手でつかみ、下に引っ張ってまえ衿のたるみを直します。

ページトップへ

腰にたるみがでてきた場合

座ったり立ったりという動きが多いと、どうしてもお尻のあたりから腰にかけてたるみができます。

そんな場合は、お端折(おはしょり)をめくり上げ、腰紐の上のお端折を内側から持って、たるんだ部分を引きあげます。

その際、腰にしわができたら左右に広げて伸ばし、お端折(おはしょり)もきれいに直します。

ページトップへ

お端折(おはしょり)が乱れた場合

お端折(おはしょり)が引っぱられて短くなったり、体の動きでシワになってしまうことがあります。

そんな場合は、帯の下側に手を入れ、手の平で横になでるようにしてたるんだ部分を左脇に送ります。

たるんだ部分をタックをつけてたたみ、後ろの身頃に倒します。

裾(すそ)が落ちているとき


着付けのとき、衿先(えりさき)の位置で腰紐をきっちり締めていなかったり、上前の裾を踏んでしまったりすると、上前の褄先(つまさき:裾のかど)が落ちてきたり、裾が長くなってしまったりする場合があります。

そんな場合は、右手でお端折(おはしょり)の下から上前の衿先を持ち、突き上げるようにして、下がってきた分を腰紐の中に入れこみます。裾線がきれいに決まったら、お端折を整えます。

ページトップへ