さが美ホーム > お役立ち情報 > 着付けの流れ

着付けの流れ

興味があっても一歩が踏み出せない方のために、1人でもちゃんと着られる「着付けの基本」をご紹介します。
ここでは、きものを着る際のおおまかな流れを説明しています。

きものを着る前に(事前準備)

清潔な手で扱う

きものは、とってもデリケートです。手の脂や汚れがつかないように、事前に手を洗ってから取リ扱いましょう。

着る前日にタンスから出す

たたみじわや防虫剤の臭いをとるために、お召しになる1日前にきものや長襦袢(ながじゅばん)を出し、ハンガーに掛けて直射日光の当たらない部屋で2~3時間風を通します。

しわがとれない時は、白いあて布をして裏から低温でアイロンをかけます。この時、箔を避けるよう注意します。

半衿は前もってつけておきます。

コーディネート小物や着付け小物も前日にすべて揃えておきます。

着付けは衣裳敷などの上で

きものの汚れを防ぐため、着付けは衣裳敷(1:いしょうしき)などを広げて行います。

1 着付けの際やきものを畳む際に下に敷く和紙。カーペットや畳の上からホコリなどが付着するのを防ぎ、きものが汚れてしまうのを防ぎます。

ページトップへ

着付けの流れ

1.足袋(たび)を履く

きものを着た後に足袋(たび)を履くと、せっかく着付けたきものが着崩れてしまう心配があります。

次に、両足を揃えて地面から離し、片手で袖を持ち、もう片方の手で上前を押さえながら身体を回転させて足を入れます。

きものをあまり着慣れていない方の場合は、最初に足袋を履いておくことをおすすめします。

2.肌着をつける

肌着には、ワンピースタイプ、スリップタイプ、セパレートタイプなどがありますので、自分にあった使いやすいものを選びましょう。

3.補正をする

きものは洋服と違って直線裁ちで仕立てています。このため、着付けたときに余分なシワや緩みができないようタオルやてぬぐいで体の凹凸(おうとつ)を調整し、体全体がなだらかな筒型になるように補正します。

きものの着崩れを防いだり、美しい着姿になるために、補正は重要なポイントになります。

>>補正についての詳細はこちらをクリックしてください。

4.長襦袢(ながじゅばん)を着る

きものを着てしまってから長襦袢(ながじゅばん)を手直しすると、着崩れの原因になってしまいます。

また、きもの姿を美しく、着崩れしないようにするための重要なポイントである衣紋(えもん)の抜き具合は、この時点で決まりますので、きものを着る前にしっかりと整えることが大切です。

>>長襦袢の着方についての詳細はこちらをクリックしてください。

5.きものを着る

きものを着たら腰紐(こしひも)で結びます。
※腰紐は着付けの要ですので、きちんと結びましょう。

>>きものの着方についての詳細はこちらをクリックしてください。

6.伊達締め(だてじめ)を締める

きもののお端折(おはしょり)をきれいに整えた後、伊達締め(だてじめ)を締めます。

7.帯を締める

帯を締めるときは、必ずひと巻きごとに引きしめながら巻いていくのがコツです。

>>帯の結び方についての詳細はこちらをクリックしてください。

8.できあがり

完成です。

ページトップへ