さが美ホーム > お役立ち情報 > きものの着方

きものの着方

さあ、いよいよ着付けの本番です。
以下の手順に沿って丁寧に進めていきましょう。

きものの着方の手順

1.後ろに回す

きものを後ろに回し、左右同じ位置で衿を持ちます。

2.袖を通す

肩にはおります。長襦袢の袖を持ち、肘から片方ずつ袖を通します。

3.背中心をきめる

左右の共衿を合わせ背中心を決めます。

4.裾線をきめる

背縫いと衿先を持ち、裾線を水平に持ち上げます。
床すれすれの長さまでおろします。

5.前幅をきめる

上前の衿先を腰骨位に合わせ、前幅を決めます。

6.下前をきめる

決めた前幅を広げ下前を巻きます。褄先(つまさき)を7~8cm持ち上げます。

7.裾線をきめる

上前を合わせて褄先(つまさき)を3~4cm持ち上げ、右手で腰骨の上を押さえます。
※着丈は床すれすれにします。褄先を持ち上げると裾つぼまりになり、スッキリ見えます。

8.腰紐をつける

ワンツー腰紐を腰骨より少し上の位置に巻き、マジックテープの部分で留めます。
※衿先にスベリ止めを当て、後ろから前によく引いて留めます。前からまわしても同じく引いて留められます。

9.おはしょりをつくる 1

身八ツ口から手を入れ、前のおはしょりを布目を整えておろします。

10.おはしょりをつくる 2

後ろも同じように整えます。
※腰紐にきものがひっかかっていないか確認します。

11.背中心を合わせる

背縫いと共衿(掛け衿)を持ち、背中心を合わせます。

12.衿を整える

耳の後ろは長襦袢の衿を5mmほど控えておきます。

13.手前のおはしょりを整える

下前のおはしょりを斜めに折り上げます。
※左手は身八ツ口から通して衿を持ち、右手は身八ツ口に親指をかけて両手の平で同時に内側に返すと早くきれいにできます。

14.コーリンベルトをつける 1

コーリンベルトの長さは肩幅より長めに決め、左の身八ツ口から下前の衿に留めます。
※衿が詰まらないように、ゆったりウエストの位置で留めます

15.コーリンベルトをつける 2

コーリンベルトを後ろからまわして上前の衿に留めます。
ウエストの位置に決め、長襦袢の半衿が左右均等に出るように合わせます。

16.胸元を押さえる

コーリンベルトより上の位置で、ワンツー腰紐のスベリ止めを上前の脇に合わせて巻きます。
※後ろから前によく引いて留めます。前からまわして留めることもできます。

17.背中のしわを伸ばす

背縫いを下に引き、両脇にも引いて背中のしわを伸ばします。
両脇の身八ツ口をそれぞれ合わせておきます。

18.おはしょりを整える 1

後ろのおはしょりを持ち上げてコーリンベルトのゴムにはさみます。

19.おはしょりを整える 2

前のおはしょりを持ち上げて整えます。
※滑るきものではクリップで留めます。

28.完成

伊達締めをして完成です。
※ゴムベルトは、後ろからまわして留めます。前からまわすこともできます。

ページトップへ