さが美ホーム > お役立ち情報 > 長襦袢の着方

長襦袢の着方

着物を着る前に、まず長襦袢を着ます。
長襦袢を着るときは、着物の時よりも着丈もやや短めに調整しましょう。
長襦袢の色は、白または淡い色目のものが無難です。

長襦袢の着方の手順

1.長襦袢をはおる

長襦袢(ながじゅばん)を後ろから肩に掛けて袖を通し、
衿先をもって背中心で合わせます。

2.衣紋(えもん)をぬく

手のひら分程の衣紋(後ろ衿)を抜きます。


3.コーリンベルトを使う

コーリンベルトの長さを肩巾より少し広めにします。

4.下前を合わせる。

下前のウエストの位置でコーリンベルトを留めます。

5.しわをとる。

コーリンベルトを身八つ口から出して、シワを取りながら右手に持ちます。

6.コーリンベルトを留める。

コーリンベルトを上前のウエストの位置に留めます。

7.伊達締めをします。

伊達締めをしめます。
※ゴムベルトの場合は後ろから回して前で留めます。
前から回して後ろで留めることもできます。

8.完成です。

背中心を引き、左右のしわを伸ばします。胸元のたるみを下に引いて完成です。

ページトップへ