さが美ホーム > お役立ち情報 > 長襦袢の着方

長襦袢の着方

着物を着る前に、まず長襦袢を着ます。
長襦袢を着るときは、着物の時よりも着丈もやや短めに調整しましょう。
長襦袢の色は、白または淡い色目のものが無難です。

長襦袢の着方の手順

1.長襦袢(ながじゅばん)をはおる

長襦袢を後ろから肩に掛けて袖を通し、左右の衿先を体の正面で合わせます。

2.衣紋(えもん)をぬく

左手で左右両方の衿先をもって、右手で背縫いをもって下に引き、手の平分程度に衣紋(後ろ衿)をぬきます。

※チェックポイント
・衣紋のぬき具合は、手の幅から

3.下前の衿を合わせる

肌襦袢の衿に合わせながら、下前の衿をなでおろします。

4.上前をあわせる

両衿をもって衿を中心で合わせます。衿合わせは、年齢、体型により調整します。

※チェックポイント
・衿は指一本通るくらいのゆるみ加減か
・左右の衿が鎖骨の上を通っているか
・長襦袢の丈は着物丈より短目か

5.腰紐を締める

腰紐の中央を上前の衿に合わせてもち、バストよりやや下位置に紐を合わせて後ろへまわします。

6.腰紐を締める

後ろで交差させてから前に回し、腰紐を結びます。
余った紐を両脇の紐に引っかけます。

7.伊達締めをしめる

伊達締めの真ん中を右脇にあてて後ろにまわします。

8.伊達締めをしめる

伊達締めを後ろで交差させて下になったほうを折り上げます。

9.伊達締めを結ぶ

前で伊達締めをひとからげさせて引っ張り、その後左右反対方向に再度引っ張って両脇の伊達締めに引っ掛ければできあがりです。

ページトップへ