さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 花結び(浴衣)

帯の結び方 ◆ 着付け小物チェックリストはこちらからダウンロード出来ます。

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

着付けをご希望の方・着付けを習いたい方はこちらから >

花結び

きもの文化学苑

1.

  

手先の長さを40cm程とります。

2.

  

帯を二巻し、帯の下線を持ち、締めます。

3.

  

たれを脇から三角に内側に折りあげます。

4.

  

たれが上になるように結びます。

5.

  

手先をたれと逆に流しクリップで留めておきます。
※緩みやすい帯の場合のコツ!

6.

  

三重紐(さんじゅうひも)を使います。

7.

  

三重紐を帯の上線につけ、

8.

  

帯の上で結びます。

9.

  

たれでお花を作ります。
たれ先を三回ほど筒状に丸め、15cmほどのところにゴムをかけて花芯を作ります。

10.

  

ゴムの少し先から20cmほどの長さで折り、花びらを作ります。

11.

  

またその下から折り上げて重ね、次の花びらを作ります。

12.

  

同じように、3枚目以降の花びらを作ります。
※帯の長さで花びらの数が違います。

13.

  

結びの元まで花びらを作り、ゴムで留めます。

14.

  

三重紐をゴムで留めた花の元にかけます。

15.

  

三重紐の2番目のベルトに手先を持ち上げて花の元を包むようにします。

16.

  

三重紐の一番の外側の3番目のベルトに、残りの手先を下からくぐらせて巻き付けるようにかけます。

17.

  

手先の裏側をを広げてお花を整えます。

18.

  

前中心の帯下にクリップを留めて、右手でお花の元と三重紐、左手で帯の下線を持ち、クリップが背中心にくるまで帯を回します(右回し)。

19.

  

後ろのクリップをはずします。前で三重紐を結び直し、帯の中に収めて完成です
※長めの帯でおすすめの結び方です。

ページトップへ