さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 花結び(振袖)

帯の結び方

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

花結び(振袖)

クラシックなふくら雀にアレンジを加えて、愛らしさを強調した花結び。一番の特徴は左右の羽根部分。羽根の中心を帯締めで結びますので、まるで蝶がとまっているような可憐な帯結びです。

1.手先の長さを決めます

先に帯板をあて、柄止まりを背中心にし、二巻きします。手先は手幅4つ分の長さが目安です。

2.たれ先を上に結びます

たれ先が上になるように帯の上線で結びます。

3.結び側のたれで羽根をつくります(左羽根)

たれは結び目近くで肩から少し出る位に羽根をとり、2つ山ヒダをつくり、ゴムで固定して仮紐で押さえます。
※ここまでは「ふくら雀」と同じです。

4.手先を折り返して羽根をつくります

手先を2つ折りにして仮紐の中に入れます。

5.たれで逆箱ヒダをつくります

左右の羽根が交差したところに帯枕をのせ、帯揚げをかけて前を結び、仮紐をはずします。
次にたれで帯枕の幅と同じくらい下で逆箱ヒダをつくります。

6.たれに紐をかけ、前で結びます

逆箱ヒダをとったたれに紐をかけ、羽根と背の間に入れ込み前で結びます

7.帯締めを結び、お太鼓をつくります

ふくら雀と同様にたれを折り上げ、帯締めを結びお太鼓部分をつくります。

8.羽根の形を整えます

先は広げ、リボン型に2つ山ヒダをとり、中心をゴムで固定します。 ゴムの上に飾り紐を結び、羽根を整えます。

9.花結びの完成です

これで、蝶がとまったような可愛い花結びのできあがりです。

ページトップへ