さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 一重太鼓結び

帯の結び方 ◆ 着付け小物チェックリストはこちらからダウンロード出来ます。

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

着付けをご希望の方・着付けを習いたい方はこちらから >

一重太鼓結び

きものに合わせる、もっとも基本的な結び方です。
扱いやすく、初心者にも手軽に結べますので、きものを着るなら是非覚えておきましょう!

1.

  

手先を帯板の下線位の長さに決め、胴に一巻きします。

2.

  

左手で手先を背中心で引き、右手で帯を引き締めます。

3.

  

右手で帯の下をしっかり引き、ふた巻き目を締めます。

4.

  

脇から斜めに折り上げます。

5.

  

手先をおろします。仮紐でおさえ、右の帯下を通り、前で結びます。

6.

  

手先の輪が下になるように折り返して前にあずけ、クリップで留めます。

7.

  

たれ元を広げます。

8.

  

帯揚げを帯枕に巻いてゴムで留めておきます。右前で帯の内側に帯枕をあて、お太鼓の山を作ります。

9.

  

お太鼓の山を両手で持ち、整えます。

10.

  

帯の上線まで帯枕を持ち上げ、お太鼓をのせます。
※一方の足を引き、身体をそらせると、のせやすくなります。

11.

  

帯枕の紐を結び帯の中にしまいます。その上に帯揚げを仮結びにしておきます。

12.

  

仮紐をはずして使います。仮紐をお太鼓になる内側にあて、くるむようにたれを持ち上げます。

13.

  

たれの長さを人差し指一本位で決めます。

14.

  

仮紐を前で結びます。

15.

  

手先を留めていたクリップをはずし、手先を後ろへ回します。

16.

  

手先は仮紐に添って通し、左右1~2cm位お太鼓から出します。

17.

  

帯締めを通します。

18.

  

帯締めを前に引き、交差させます。

19.

  

上に出ているほうを結びに重ねて輪を作ります。

20.

  

左手でもう一方の端を持ち上げ輪に通して締めます。

21.

  

左右の紐を引き、脇にはさみます。仮紐をはずします。

22.

  

帯揚げを脇から開き、三つ折りにしてさらに半分に折ります。

23.

  

上前側を重ねます。

24.

  

ひと結びして立てます。

25.

  

上から巻いてひと結びして、残りの帯揚げは帯の内側におさめます。

26.

  

お太鼓の形を整えて完成です。

ページトップへ