さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 一重太鼓結び

帯の結び方

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

一重太鼓結び

きものに合わせる、もっとも基本的な結び方です。
扱いやすく、初心者にも手軽に結べますので、きものを着るなら是非覚えておきましょう!

1.手先の長さを決めます

手先になるほうを半分の幅に折って和を下にします。手先を左の肩にかけ腰の手前までおろし、クリップで衿にとめておきます。
たれを背中にまわし、布の輪が下にくるようにして後ろから体にひと巻きます(半時計回りに)。

2.帯をもうひと巻きする

左手で背中の下側の帯を下からしっかり掴みながら右手で帯をひっぱり、もうひと巻き、苦しくない程度にしっかり締めます(前の柄が良い位置にきているか確認)。

3.たれと手先をクロスする

左手で背中の下側の帯を下からしっかり掴みながら右手で帯をひっぱり、もうひと巻き、苦しくない程度にしっかり締めます(前の柄が良い位置にきているか確認)。
たれがまた後ろに来たところで、上にでている手先を下ろし、たれとクロスさせます。

4.クリップで手先を前帯で留める

手先を前に持ってきてクリップで留めておきます。


・帯の巻き方がゆるくないか

5.たれ先の長さを決める

あらかじめ、たれでお太鼓部分をつくります。
お太鼓柄の下ラインを折り、たれ先の長さ(ひとさし指1本程度)を決めます。

6.お太鼓をつくる

余った帯の部分を折り込み、両サイドをクリップで留めます。
お太鼓の下線になる部分に仮紐を通しておきます。

7.帯枕に帯揚げをつける

帯揚げを帯枕に巻きつけておきます。

8.帯枕を固定する

帯枕を上記「6.お太鼓をつくる」でつくったお太鼓の下に山型が上になるようにして入れ、手の甲をお尻側に向けて中指三本を枕にあて親指と人指し指でひねった帯を伸ばしながら帯枕を持ち上げ、背中につけます。


・帯山は背中についているか

9.帯枕の紐を結ぶ

帯枕の紐を斜め前に引っ張るようにしながらしっかり結びます。
帯揚げはじゃまにならないように軽く結んでおきます。

10.仮紐を結ぶ

帯の下に通した仮紐を前で結び、お太鼓の形を整えます。

11.手を帯に折り込む

手先をとめたクリップをはずし、手先を仮紐の通っている部分に折り返します。

12.帯留めを通す

お太鼓の上下の真中あたりを通るような位置に帯締めを通して前に回します。

13.帯締めを結ぶ

手先を押えるように帯締めを前に引き、後でずれてこないようしっかりと結び、仮紐を外します。


・おはしょりの長さは人さし指1本分程度。余分なしわができていないか
・帯締め、帯揚げ、衿の合わせ目が身体の中心で揃っているか

ページトップへ