さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 角だし結び

帯の結び方 ◆ 着付け小物チェックリストはこちらからダウンロード出来ます。

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

着付けをご希望の方・着付けを習いたい方はこちらから >

角だし結び

「角だし結び」は、紬などの街着(普段着)に結び方です。
基本の文庫結びよりも粋で大人っぽい雰囲気になります。
監修・きもの文化学苑

1.

  

手先を帯板の下線より長めに決めて1巻きします。

2.

  

左手で手先の下部を背中心で引き、右手で帯を引き締めます。

3.

  

2巻目を右手でしっかり引き締めます。

4.

  

後ろで内側に斜めに折り上げます。

5.

  

手先をおろし、仮紐をします。右側の帯の下を通して前で結びます。

6.

  

手先をたれの内側から右に移動し、上に折り返します。輪を左にして、背幅位の長さに決めます。

7.

  

仮紐で上から押さえ前で結びます。

8.

  

たれ先をおはしょりの下まで内側に折り上げ、両端をクリップで留めます。

9.

  

18×3cmくらいの厚紙に、ガーゼと帯揚げをつけ帯枕にします。

10.

  

両手を下げた位置で帯の内側に帯枕を入れ、帯の山を整えます。

11.

  

足を一歩引き、帯山を背中に付けます。

12.

  

帯枕のガーゼを前で結び整えます。帯揚げは仮結びにしておきます。ここで、クリップと、手先をおさえた仮紐をはずします。

13.

  

おはしょりの下くらいでお太鼓の大きさを決め、帯締めを内側にあてます。

14.

  

帯締めをくるむように片方の手で中心を持ち、もう片方の手で、たれを内側に折り上げます。帯締めを前で結びます。

15.

  

帯揚げを結び、整えます。手先を浮かせ、お太鼓の下にふくらみを持たせて完成です。

ページトップへ