さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 角だし結び

帯の結び方

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

角だし結び

「角だし結び」は、紬などの街着(普段着)に結び方です。
基本の文庫結びよりも粋で大人っぽい雰囲気になります。

1.手先の長さを決めます

帯板をつけた後、帯の手先の長さを少し長めに(肩にかけたとき帯の下線をすぐひと巻きし、下側(輪のほう)を持ってしっかり締めます。

2.帯をもうひと巻きします

帯をもうひと巻きし、前の柄が良い位置にきているか確認してから、苦しくない程度にしっかり締めます。

3.たれと手先をクロスさせます

たれがまた後ろに来たところで、上にでている手先を下ろし、たれとクロスさせます。

4.クリップで手先を前帯に仮留めします

手先を前に持ってきてクリップで留めます。

5.仮紐を通します

上に折りあがっているたれ(お太鼓になる部分)の付け根を折り、帯の上側に仮紐を通して前で結びます。
後ろにたれている帯をきれいに広げます。

6.帯幅を広げます

後ろにたれている帯をきれいに広げます。

7.手先をのせます

前でとめておいた手先のクリップをはずして後ろへまわし、上記「6.帯を広げます」で広げた帯の上にのせます。

8.仮紐をかけます

手先の上から仮紐をかけ、前にまわして結びます。

9.たれを持ち上げます

帯の下線から25cm前後くらい下の帯の内側に、三つ折りにした帯揚げをあて、たれを持ち上げます。

10.帯山をつくります

胴に巻いた帯の上線と同じぐらいの高さで帯山をつくります。

11.帯揚げを結びます

ほどけないようにしっかり帯揚げを結び、形を整えます。

12.帯締めをたれの内側にあてます

仮紐を2本とも外し、帯締めをたれの内側(胴に巻いた帯の下線あたり)にあて、左手で帯と紐を一緒に持ちます。

13.たれを折り上げます

右手で下にたれた帯を折り上げます。
たれの長さは人差し指1本分より少し長めにします。

14.帯締めを結びます

帯締めを前に回し、しっかりと締めます。

15.形を整えます

お太鼓の中に手を入れ、お太鼓の下側にふくらみを持たせます。
両側の手先のバランスを整えます。

ページトップへ