さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > しだれ桜結び

帯の結び方

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

しだれ桜結び

角出し結びのアレンジ。小紋や紬の着物にも似合う、おしゃれな帯結びです。羽根の大きさによって、愛らしくも小粋にも印象を変えることができます。
帯の巻き方は右から左に巻く関東風と、左から右に巻く関西風があります。ここで紹介する帯結びは、関東風です。
監修・大久保信子(きものスタイリスト)

1.手先の長さを決めます

からだの中心で30~35センチのて先を取り、幅二つ折りにします。

2.帯をもうひと巻きします

帯をふた巻きします。

3.手先とたれ先を交差させます

たれ先が上になるよう、て先とたれ先を交差します。

4.ぎゅっと結びます

たれ先が上にくるよう結びます。

5.結び目をねじり上げます

結び目を立ててねじり上げます。これで帯がゆるみません。
※ここがポイント!

6.手先をひと結びします

帯の上線のところで先を引き抜くようにひと結びします。

7.左右の羽根を引っ張ります

左右の羽根をしっかりと結びます。

8.左右の羽根を広げます

左右の羽根を広げます

9.たれ先を折り曲げます

余ったたれ先を折り曲げ、お太鼓の部分を作ります。

10.帯揚げを通します

お太鼓の折り山に帯揚げを通します。

11.帯揚げを仮結びします

帯揚げを羽根の上に当てて、からだの後ろで仮結びします。

12.帯を時計回りに回します

結び目と帯の後ろ下を持って、時計回りに回します。

13.帯揚げを整えます

帯揚げを整えます。
あまり見せない方が涼しげに見えます。

14.形を整えます

しだれ桜結びの完成です。
この帯結びは、ヒップラインもカバーしてくれ、幅広い年代に向いています。

ページトップへ