さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 蝶結び

帯の結び方 ◆ 着付け小物チェックリストはこちらからダウンロード出来ます。

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

着付けをご希望の方・着付けを習いたい方はこちらから >

蝶結び

女の子なら誰でもできる蝶結び。半幅帯でも手順は変わりません。背中に花が咲いたような愛らしい帯結びです。
帯の巻き方は右から左に巻く関東風と、左から右に巻く関西風があります。ここで紹介する帯結びは、関東風です。
監修・きもの文化学苑

1.

  

手先の長さを50cm(帯巾の約3倍)程とります。

2.

  

輪を上にして二つ折りにした手先を前中心にあてクリップでとめます。

3.

  

帯を一巻して締めます。

4.

  

もう一度巻き、帯の下線を持ち、しっかり締めます。

5.

  

たれを脇から斜めに内側三角に折りあげます。

6.

  

手先が上にくるように結びます。

7.

  

結び目の位置でたれを開き、右側から背幅くらいの長さで羽根をつくります。
※結びを締めるとき、真横に引いてから縦にします

8.

  

帯を屏風畳みにして、4枚の羽根をつくります。
※下二枚が長め、上二枚を短めに作ります。

9.

  

羽根の中央に二つ山ひだをつくります。

                

10.

  

羽根の中心を持ち、手先を1回巻いて、上から引きますあげ、もう一度くぐらせて、しっかり上に引きあげます。

11.

  

引き上げた手先を一巻き目の帯と帯板の間に入れ込み、下から引きます
※スルリットをつかう場合スルリットと伊達締めの間に手先を下ろし、しっかり引きます。結びの位置が高く美しくなります。

12.

  

下ろした手先を広げ、帯板の内側に入れます。

                 

13.

  

左右の羽根を整えます。

14.

  

右袖を払い、帯結びを右方向に回します。背中心に決めて完成です。

ページトップへ