さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 蝶結び

帯の結び方

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

蝶結び

女の子なら誰でもできる蝶結び。半幅帯でも手順は変わりません。背中に花が咲いたような愛らしい帯結びです。
帯の巻き方は右から左に巻く関東風と、左から右に巻く関西風があります。ここで紹介する帯結びは、関東風です。
監修・大久保信子(きものスタイリスト)

1.手先の長さを決めます

帯丈の中心(全体の長さの2分の1)を右手で持ち、からだの中心に当てます。

2.帯をもうひと巻きします

手先をからだの脇線から半分に折り上げ、て先を上にして、ふた巻きします。

3.たれ先を三角に折り上げます

左脇からたれ先を三角に折り上げます。

4.手先を上に交差させます

半分に折った手先を、たれ先の上になるように交差させます。

5.ぎゅっと結びます

手先が上になるように、帯の上線の位置で結びます。
※ここがポイント!

6.結び目をねじり上げます

手先が上にくるよう、結び目をクロスしてねじ上げます。

7.たれ先を広げます

たれ先を広げ、羽根を作る準備をします。
※ここがポイント!

8.たれ先で羽根をつくります

たれ先を返して羽根を作ります。

9.羽根の中心にひだをつくります

羽根の中心に、W字型のひだ「中山ひだ」を作ります。

10.手先を下げて結びます(1)

帯のて先を下げ左手で結び目を持って…

11.手先を下げて結びます(2)

リボンを結ぶ要領で、て先とたれ先を結び上げます。

12.結び目を帯の中に入れ込みます

結び目を帯の上線の中に入れ込みます。

13.左右の羽根を整えます

形を整えます。

14.帯を時計回りに回します

右手で結び目、左手で帯の後ろを持って、時計回りに回します。

15.形を整えます

蝶結びの出来上がりです。

ページトップへ