さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 蝶々結び

帯の結び方

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

蝶々結び

兵児(ヘコ)帯ならではの細かいプリーツが可愛いらしい帯結びです。
帯の巻き方は右から左に巻く関東風と、左から右に巻く関西風があります。ここで紹介する帯結びは、関東風です。
監修・大久保信子(きものスタイリスト)

1.手先の長さを決めます

手先を40cmくらいとります。

2.手先を上にぎゅっと結びます

帯を二巻きし、たれを三角に折り、手先が上にくるよう帯の上線でギュッと結びます。

3.たれ先を広げます

帯の結び目の位置でたれを広げます。

4.たれ先を屏風だたみにします

たれ先を5センチくらいの幅で、結び目近くまで屏風だたみにしていきます。

5.羽根の中心に手先をおろします

手先を羽根の上におろします。

6.手先をしっかり結びます

羽根と最初の結び目の間を通して、しっかり結びます。

7.余りの手先を帯の中に入れ込みます

余った手先を外側にまるめて、縦に帯の胴回りに入れます。
このとき、結び目も中に入れてキレイに整えます。

8.帯を時計回りに回します

羽根をキレイに広げて形を整えて、右回りで後へ回してできあがりです。

ページトップへ