さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > ふくら雀結び

帯の結び方 ◆ 着付け小物チェックリストはこちらからダウンロード出来ます。

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

着付けをご希望の方・着付けを習いたい方はこちらから >

ふくら雀結び(振袖)

ふくらみのあるお太鼓とたれが特徴のふくら雀は、古典的なムードたっぷり。女性らしいやさしさを演出するのにピッタリです。
お太鼓の大きさを変えるだけで、体型にかかわらず、どなたにも似合います。

1.手先の長さを決めます

先に帯板をあて、柄止まりを背中心にし、二巻きします。
手先は手幅4つ分の長さが目安です。

2.たれ先を上に結びます

たれ先が上になるように帯の上線で結びます。

3.結び側のたれで羽根をつくります(左羽根)

たれは結び目近くで肩から少し出る位に羽根をとり、2つ山ヒダをつくり、ゴムで固定して仮紐で押さえます。

4.手先を折り返して羽根をつくります(右羽根)

手先で3と同じ2つ山ヒダをつくり、ゴムで固定し、仮紐の下に入れます。

5.羽根の交叉部分に帯枕をあてます

左右の羽根が交差する上に、はまぐり型の帯枕をのせ、結びます。この時、仮紐をはずします。

6.箱ヒダをつくります

帯枕に帯揚げをかけ前で結びます。たれは、枕の幅と同じくらい下で箱ヒダをつくります。

7.たれに紐をかけ、前で結びます

箱ヒダをとったたれに紐をかけ、羽根と背の間に通し前で結びます。

8.帯締めを結び、お太鼓をつくります

帯の幅の下3分の1くらいの位置でたれを折り上げ、帯締めを通 して結び、お太鼓部分をつくります。
※ポイント
たれ先は、お端折(おはしょり)の下線に合わせます。

9.形を整えます

帯の裏側の部分を中に入れ込み、左右のお太鼓を広げ、羽根を開いて整えます。

10.ふくら雀の完成です

雀が巣立つような、ふくら雀のできあがり!

ページトップへ