さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 蝶文庫結び(振袖)

帯の結び方

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

蝶文庫結び(振袖)

女の子らしい文庫結びをアレンジして、可愛らしさをさらにUPさせた帯結びです。蝶文庫は、文庫の上にキュートなリボンが特徴で、女の子らしさ満点。左右の羽根は、長めにするのがコツです。

1.手先の長さを決めます

柄止まりはお腹の左3分の1くらいにくるよう、手先を長めに決めます。

2.文庫結びと同様に結んだ後、たれ先でたれ先で羽をつくります

文庫の基本結び同様、帯枕に帯揚げを巻き、結び目の上にのせ前で結び、羽根幅の4分の1を帯枕と手先の間に谷になるように押し込みます。

3.羽根の中心にひだをつくります

文庫結びと同じように中山ヒダをとって、枕に添わせ、手先にヒダをつくりゴムで固定します。

4.手先のヒダを羽根の中心にのせ固定します

手先のヒダを、手先の内側の羽根の中心にのせ、紐をたすきがけのようにかけ固定します。

5.手先の輪の部分に帯締めを通し、前で結びます

手先の輪の部分を下ろし、輪の部分に帯締めを通し前で結びます。

6.形を整えます

羽根を整えれば、キュートな蝶文庫結びのできあがりです。

ページトップへ