さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 花流水結び(振袖)

帯の結び方

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

花流水矢結び(振袖)

花流水結びは立て矢結びのバリエーションです。
基本的には立て矢結びと同じ結び方ですが、内側に折りこんだ「たれ」の下羽根をZ型にたらすことにより、よりゴージャスな後ろ姿になり、女性らしさを強調されます。

結び方

基本的には立て矢の手順と同じです。 羽根の形をつくる時、内側に折り込んだたれの下羽根をZ型にたらします。


・下の片方のたれ部分がヒップの大きな方や、ヒップ部分にきものの柄が寂しい場合などに花流水結びにすると、後ろ姿がゴージャスになり効果的です。

ページトップへ