さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 男結び(角帯結び)

帯の結び方

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

男結び(角帯結び)

男きものには角帯で結ぶ貝の口帯結びがおすすめ。
ここでは、男性の帯結びの代表である貝の口をご紹介します。帯をやや前下がり気味に締めるのが凛々しい着姿のポイントです。

1.手先の長さを決めます

帯の端から約30cmくらいの長さをとり、帯幅を半分に折って右手で持ちます。
この部分を"て"といいます。

2.帯をもうひと巻きします

二つ折りにした折り山の方を下にして持ち、てを右脇に持っていきます。
腰骨の位置にひと巻きして、てを上にして左右に引っ張って締めます。

3.たれ先を折り返します

もうひと巻きしたら、たれ先を自分の肩幅分くらい折り返します。
細い人は胴にもうひと巻きしてもOKです。

4.交差させます

たれを上に、て先を下向きに下げて交差させます。

5.ぎゅっと結びます

"たれ"を"て"の下にくぐらせて結びます。
"たれ"で"て"を結ぶように結んだら、たれの幅をきれいに広げます。

6.貝の形をつくります(1)

"たれ"をななめ下におろし、内側に折って右斜め上に折り上げます。
折った角を左手でおさえておきます。

7.貝の形をつくります(2)

折り返した"たれ"の間にて先を通します。
"たれ"と"て"をそれぞれ手に持ち、斜め上に引っ張って形を整えます。

8.貝の形を後に回します

最後に帯の結び目と帯の下をそれぞれ持ち、右回り(矢印の方向)に回します。

9.完成

粋な感じの「貝の口結び」の完成です。
※チェックポイント
帯はへそ下を目安に結びます。
前下がり、後上がり気味に締めると帯が安定します。
結び目は、真ん中よりも気持ち左右のどちらかに寄せた方が粋な感じになります。

ページトップへ