さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > たまてばこ

帯の結び方 ◆ 着付け小物チェックリストはこちらからダウンロード出来ます。

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

着付けをご希望の方・着付けを習いたい方はこちらから >

たまてばこ

角出し結びのアレンジ。小紋や紬の着物にも似合う、おしゃれな帯結びです。羽根の大きさによって、愛らしくも小粋にも印象を変えることができます。
監修・きもの文化学苑

1.

  

手先を約25cm程とり(帯の厚さによって長さが変わります)、帯を二巻きします。

2.

  

脇から斜めに折りあげ、手先を下にして結びます。

3.

  

手先を左に持ち上げ、たれを上から結びます。

4.

  

左右の羽を広げます。

5.

  

結び目の元からたれ先を上に通します。

6.

  

もう一度通します。

7.

  

たれ先から手巾ひとつ分とります。

8.

  

リボンの形になるようにひだを取り、中心をゴムで結びます。

9.

  

結びの下から帯を引き、リボンをしっかりお太鼓の山に引き寄せます。

10.

  

リボンのゴムのところに、髪飾りやブローチ、組紐などをつけます。
(帯が長い場合は帯締めをして、
たれ先を出せます。(写真))

11.

  

帯を右から回して、帯揚げを結び直し玉手箱結びの完成です。

ページトップへ