さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > ふうせん結び

帯の結び方 ◆ 着付け小物チェックリストはこちらからダウンロード出来ます。

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

着付けをご希望の方・着付けを習いたい方はこちらから >

ふうせん結び

監修・きもの文化学苑

1.

  

手先を50cm程とります。

2.

  

帯を二巻きし、締めます。

3.

  

たれを脇から斜めに三角に折りあげます。

4.

  

手先が下側になるようにします。

5.

  

たれが上になるように結びます。

6.

  

たれの結び目の元を中心で開きます。

7.

  

たれ先から帯幅の4倍の長さをはかります。

8.

  

はかった所で折り返し、クリップをとめます。

9.

  

もう一度図のように折り返したところにクリップをとめます。

10.

  

もう一度折り返し、根元の下に通します。

11.

  

上のクリップの元に帯揚げをかけます。

 

12.

  

帯揚げは帯にかかるように後ろで結びます。

13.

  

輪をおはしょりぐらいの長さのところまでおりあげます。
(帯の長さにより下のたれは出ない場合があります。)

14.

  

帯締めを通します。

15.

  

帯の形を整え帯締めを後ろで仮結びします。

16.

  

手先をお太鼓の中に通して整えます。

17.

  

帯を右から回し、帯揚げと帯締めを前で整えます。風船結びの完成です。

ページトップへ