さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 二重太鼓結び

帯の結び方 ◆ 着付け小物チェックリストはこちらからダウンロード出来ます。

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

着付けをご希望の方・着付けを習いたい方はこちらから >

二重太鼓結び

きものに合わせる、もっとも基本的な結び方です。
扱いやすく、初心者にも手軽に結べますので、きものを着るなら是非覚えておきましょう!

1.

  

手先を帯板の下線位の長さに決め一巻きします。

2.

  

左手で手先の下部を背中心で引き、右手で帯を引き締めます。

3.

  

2巻き目を巻きます。右手でしっかり引き締めます。

4.

  

後ろは斜めに折りあげます。

5.

  

手先をおろして仮紐でおさえ、右側の帯の下を通して前で結びます。

6.

  

手先の輪が下になるように折り返して前にあずけ、クリップで止めます。

7.

  

たれ元をひろげます。

8.

  

帯枕に帯揚げをかけ、たれの先から30cm程度のところに帯枕をあてます。

9.

  

2枚重ねて、帯の端を揃えます。柄を見てお太鼓の山を決めます。

10.

  

後ろで帯枕と帯を持ち、お太鼓の山を両手で引きます。(シワができないように)

11.

  

帯の上線のところまで帯枕を持ち上げ、お太鼓をのせます。
※一方の足を引き、体をそらせると帯がのせやすくなります。

12.

  

帯枕のガーゼを前で結びたれの内側を平らに整えます。

13.

  

仮紐をはずし、その仮紐でお太鼓の下線を決めます。

14.

  

手先を仮紐にそって通し、手先を引き出します。

15.

  

引き出した手先の余り分を内側に折ります。手先の長さは左右2~3cm位でるように決めます。

16.

  

帯締めをお太鼓に通して前で結びます。

17.

  

完成。

ページトップへ