さが美ホーム > お役立ち情報 > ゆかたの着方

ゆかたの着方

まずは基本のゆかたの着付けです。
以下の手順に沿って丁寧に進めていきましょう。

ゆかたの着方の手順

1.きものをはおる

肩に着物を羽織り、片袖ずつ袖に手を通していきます。

2.背中心で合わせる

衿先を持ち上げ、くるぶしくらいの高さに裾位置を決め、背中心決める。

3.上前の幅を決める

手の届く範囲で左右の衿先をもち、きものを脇の下までもちあげます。体に添わせながら、裾を床すれすれの長さまで平行に下ろします。

上前の裾を右足の脇に合わせ、きものを着たときの丈と幅を決めます。

※チェックポイント
・上前の衽線(おくみせん)を小指の端に合わせます。

4.下前を合わせる

上記「3.上前の幅を決める」で決めた上前の位置を動かさないように注意しながら、一端上前を左に広げ、下前を巻きます。

その後、きものが右足のふくらはぎにつくように褄先(つまさき)を3~4cmほどあげると、裾つぼまりになります。

5.上前を合わせ、腰紐で抑える

上前を合わせ、つま先を3~4CM位引き上げ、腰紐(ワンツー腰紐)をします。腰紐(ワンツー腰紐)は右腰骨に当て右手で押さえながら、左手で前から回し一周させます。

※チェックポイント
・ゆかたの着丈(きたけ)は、裾がくるぶしの高さになるように調整します。
・腰紐はヒップのふくらみの上を通るよう後ろ上がり、前下がりに決めます。

6.腰紐(ワンツー腰紐)を留める

回した腰紐(ワンツー腰紐)は右手で受け前で留めます。


7.腰紐(ワンツー腰紐)の位置を確認する

このように腰紐(ワンツー腰紐)を留めます。
マジックテープの伸び縮みが腰骨にフィットしてピッタリと留まります。


8.お端折(おはしより)をつくる

左の身八つ口から手を入れて、お端折(おはしより)をおろします。

※チェックポイント
・お端折(おはしより)が一重になるように下前を折り上げます。

9.お端折(おはしより)の処理の仕方

右手で上前の衿を、左手で左身八つ口から手を通し、下前衿をもち衿合わせをします。
下前のお端折(おはしより)は、内側に三角におりあげます。(写真左下)
後ろのお端折(おはしより)を下ろします。(写真中央下)
後ろのお端折(おはしより)の中の手の動きは逆鉢の字にするとシワが綺麗に伸びます。(写真右下)

10.コーリンベルトをつける

衿元のずれを防止するために、コーリンベルトを使用します。
左の身八つ口からコーリンベルトを入れ、内側で三角に折り上げた下前の衿をクリップで留めます。(写真左下)
コーリンベルトを後ろに回します。(写真中央下)
上前の衿を合わせ、クリップで留め、背中のシワを取り身八つ口の始末をします。(写真右下)

11.伊達締め(だてじめ)をつける

お端折(おはしより)をきれいに整えたら、伊達締めをしめます。
お端折(おはしより)が長い場合、余分を持ち上げて下のラインが水平になるよう整え、
伊達締めでもろもろを隠すように巻きます。

12.後ろの縦のシワを伸ばす

後ろのお端折(おはしより)を下に引いて、衿の抜き加減を調整します。

13.後ろの横のシワをのばす

後ろのお端折(おはしより)を脇の方へ横のシワを伸ばします。

14.スルリットを付ける

帯結びの際に、前で結んだ帯を楽に後ろに回せるように、
スルリット(帯板)を付けます。
スルリットは上のラインを合わせて着用します。

15.前で合わせて完成

前で合わせ、スルリットの下側を強めにしめて完成です。

※最終チェックポイント
(正面)
・半衿の出かたが左右均等か。
・胸元からお端折(おはしより)にかけて余分なシワがないか。
・きものの丈(たけ)が長すぎたり短すぎたりしていないか。
(背面)
・半衿がきものの衿から出ていないか。
・背中心が身体の中心にきているか。まっすぐになっているか。
・背中に余分なシワがないか。
・すそつぼまりになっているか。

ページトップへ