さが美ホーム > お役立ち情報 > ゆかたを着る

■ゆかたの着方 ■女性ゆかたの帯の結び方 ■男性ゆかたの帯の結び方
■着崩れの直し方

ゆかたの着方◆ 着付け小物チェックリストはこちらからダウンロード出来ます。

まずは基本のゆかたの着付けです。
以下の手順に沿って丁寧に進めていきましょう。

ゆかたの着方の手順

1.きものをはおる

肩に着物を羽織り、片袖ずつ袖に手を通します。

2.背中心で合わせる

衿先を持ち上げ、くるぶしくらいの高さに裾位置を決め、背中心決めます。

3.上前の幅を決める

上前の衿先を腰骨くらいに合わせ前幅を決めます。

4.下前を合わせる

3.で決めた位置を動かさないように上前を広げます。
下前を左の腰骨まで引いてつま先を少し持ち上げます。
※下前と上前の衿先を少し持ち上げると裾つぼまりになりスッキリ見えます。

5.腰紐(ワンツー腰紐)を
  留める


上前を合わせて腰紐(ワンツー腰紐)をします。
ワンツー腰紐は衿先に滑り止めを当て、後ろから前によく引いて留めます。
前から回しても同じく引いて留められます。


6.腰紐(ワンツー腰紐)の
  位置を確認する


※腰紐は腰骨の少し上に巻くと安定します。
※ワンツー腰紐はマジックテープの伸び縮みが腰にフィットして
 ピッタリと留まります。

7.おはしよりをつくる

左右の身八つ口から手を入れて、おはしよりをおろします。

8.おはしよりの処理の仕方

右手で下前の衿を、左手で左身八つ口から手を通し、下前衿をもちます。
下前のおはしよりは、内側に三角におりあげます。(写真左下)
後ろのおはしよりを下ろします。(写真中央下)
後ろのおはしよりの中の手の動きは逆鉢の字にするとシワが綺麗に伸びます。(写真右下)

9.コーリンベルトをつける

衿元のずれを防止するために、コーリンベルトを使用します。
左手でコーリンベルトを持ちます。
左の身八つ口からコーリンベルトを入れ、内側で三角に折り上げた下前の衿を
留め具で留めます。(写真左下)
コーリンベルトを後ろに回します。(写真中央下)
上前の衿を合わせ、留め具で留め、背中のシワを取り身八つ口の始末をします。(写真右下)

10.伊達締めをつける

伊達締めを巻きます。
背縫いを下に引き、左右にも引いてしわを伸ばします。
両脇の身八つ口を合わせておきます。

11.おはしよりを整える

おはしよりが長い場合、下線が水平になるように余分を持ち上げ
伊達締めの下から挟んで整えます。

12.スルリットを付ける

スルリット(帯板)を付けます。

13.前で合わせて完成

スルリットの下側から締めるように留めて完成です。

※美しく見えるポイント
(前 姿)1.衿合わせが首の中心にある。
     2.胸元とおはしよりにシワがない。
     3.裾線(すそせん)がくるぶし位の長さになっている。
(後ろ姿)4.衣紋(えもん→後ろ衿)を手幅ひとつ位ぬいている。
     5.身体の中心にきものの背縫いが合っている。
     6.背中とおはしよりにシワがない。
     7.裾つぼまりに着ている。

ページトップへ


ページトップへ




着崩れの直し方

きものでお出かけしたときに、いくら動作に気をつけていても、時間がたつと着崩れてきてしまうことがありますよね。
そんなとき、着崩れてきたときの正しい対処法を知っていれば、大きな着崩れになってしまう前に直すことができ、一日中、着付けたときの素敵なきもの姿を保つことができます。
ここでは、着崩れをおこしやすい部分ごとに、対処方法を紹介します。

衿もとがゆるんできた場合

衣紋(えもん)のぬけが詰まり、その分前衿がたるんできてしまうことがあります。

そんな場合は、きものの裾(すそ)を持ち上げ、長襦袢(ながじゅばん)の後ろ身頃の背縫いを両手でつかみ、下に引っ張ってまえ衿のたるみを直します。

ページトップへ

腰にたるみがでてきた場合

座ったり立ったりという動きが多いと、どうしてもお尻のあたりから腰にかけてたるみができます。

そんな場合は、お端折(おはしょり)をめくり上げ、腰紐の上のお端折を内側から持って、たるんだ部分を引きあげます。

その際、腰にしわができたら左右に広げて伸ばし、お端折(おはしょり)もきれいに直します。

ページトップへ

お端折(おはしょり)が乱れた場合

お端折(おはしょり)が引っぱられて短くなったり、体の動きでシワになってしまうことがあります。

そんな場合は、帯の下側に手を入れ、手の平で横になでるようにしてたるんだ部分を左脇に送ります。

たるんだ部分をタックをつけてたたみ、後ろの身頃に倒します。

裾(すそ)が落ちているとき


着付けのとき、衿先(えりさき)の位置で腰紐をきっちり締めていなかったり、上前の裾を踏んでしまったりすると、上前の褄先(つまさき:裾のかど)が落ちてきたり、裾が長くなってしまったりする場合があります。

そんな場合は、右手でお端折(おはしょり)の下から上前の衿先を持ち、突き上げるようにして、下がってきた分を腰紐の中に入れこみます。裾線がきれいに決まったら、お端折を整えます。

ページトップへ